社員旅行フェア

社員旅行へなぜ行くか

社員旅行に参加しよう!

社員旅行とは会社が企画した、社員同士での旅行を指します。会社の人といるというと何となく気分が休まらないような気もします。ですが会社の方々と仲良くなるのには絶好のチャンスです。正社員で長く勤めようと思うのなら一度は経験してもいい行事だと思います。会費を払えば家族も一緒に行ってもいいというところなどもありますので会社に相談してみるのもいいでしょう。行き先は国内が多いと思います。自分ではあまり行かないような土地に赴くいい機会になったりもするかと思います。近年「嫌なことは断ってもいい」という風な形にはなっていますが一度は経験として行っておくのもいいでしょう。私は会社での旅行を経験したあとに友人と行く旅行の気軽さ楽しさを再確認できました。そういった違いの発見にもなるのではないでしょうか?年長者とお話するいい機会にもなります。

社員旅行に不参加だとどう思われるか

最近はワーカホリックのような仕事中毒の人は減りつつあるように感じます。それは基本的には良いことだと思います。猛烈社員は今の時代、あまり流行らないということですね。しかし、それも行き過ぎるとあまりよくないように思います。仕事の時間以外は職場とあまり関係をもちたくないという人が増えているようですが、これは感心しませんね。特に会社の行事である社員旅行に参加する人が減っているという話がありますが、これは良くないと思います。会社と言うのは一人で成り立っているものではありません。社員が一つのチームとなって会社を動かしているわけです。ですから、社員同士の和というのはとても大切なのです。和が乱れると、会社の業績に即、響いてくるものです。ですから、たかが社員旅行の話などと言ってられないのです。社員旅行不参加は会社にとって不利益な行為と思われる可能性もあります。

バブル時代の社員旅行はすごかった

バブル時代は日本中にお金が有り余っていました。今では考えられないような豪遊をした人もいると思います。そんな時代にバブルの恩恵を受けれた人は幸せかもしれません。当時、サラリーマンだった人はその恩恵を受けた人が多いと思います。例えば、社員旅行に行く場合も、海外旅行が当たり前だった会社もあります。今のような地味な社会と比べると、本当にあの時代は何だったのかと思わせられます。最近は社員旅行も国内旅行で一泊二日程度が定番スタイルとなっています。そのお金も自分たちで積み立てているケースもあります。バブル時代と比べると、その落差の大きさにビックリします。しかし、地味な旅行にもそれなりの楽しさがあります。大事なのは気持ちの持ちようです。今、与えられている条件でしっかりと人生を楽しめるようになりたいものです。

アーカイブ

2014年12月
     
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

カテゴリー

  • カテゴリーなし